ペイントホームズ
大阪南店

雨樋の役割とトラブルに繋がる破損

どの住宅にも付いている雨樋ですが、皆さんは塗装工事でこの部位を気にしたことはありますか?外壁と一緒に塗装する方もいれば塗装しない方もいらっしゃいます。

今回はこの雨樋についてどのような役割があるのか、破損時のトラブルはどんなものかお話ししていきたいと思います。

〇雨樋の役割

雨樋は屋根の端に取り付けられた管のことを指し、屋根から流れてくる雨水を受け、外壁に水が垂れ流れないように地面へ排出する役割を持っています。外壁からの雨漏りを阻止する役目もあり住宅には必要な部分になります。

〇雨樋が破損すると起こりやすいトラブル

雨漏り⇨雨を受ける雨樋に穴が開いたりすると大量の雨水が溢れ出します。外壁のひび割れや劣化した目地部分からの雨漏りも多く、外壁材や室内の壁を濡らしてしまう恐れがあります。

外壁材の劣化⇨外壁のヒビや剥がれ部分、目地などから雨水が侵入してくると外壁材が傷んでしまいやすくなります。塗膜内に侵入した水分は蒸発しにくく外壁材腐食に繋がりやすくなります。

カビやコケの発生⇨水分を含んだ外壁材にジメジメした場所を好むカビやコケなどが発生しやすく美観が損なわれるリスクがあります。放置してしまうと建物の構造が脆くなってしまう恐れがあります。

雨樋は塗装工事の際に見落とされがちですが、大切な役割を果たす部位なので一緒に点検、工事することをおススメします。今回は雨樋についてお話ししました。