ペイントホームズ
大阪南店

雨は外壁塗装に不向き?工事中断の訳とは?

塗装工事を行うのならスムーズにスケジュールが進んでほしいものですよね。工事を行う日全てが晴れであれば良いものですが、天候は日によってはコロコロ変わるため必ずしも晴れとは限りません。雨が降れば工事が中断され工期が延びてしまうこともあります。ではなぜ雨が降ると工事が中断してしまうのでしょうか?今回は雨の日の塗装工事が中断される理由をご紹介していきます。

〇雨の日に工事が中断される理由とは

<雨で塗料が流されてしまうから>

塗装工事は屋根のない屋外での作業なので雨が降ると外壁に雨が当たってしまいます。そのため塗装を行っても塗料は乾燥すらせず雨で流されてしまいます。外観も汚くなってしまうため工事が一時中断されるのです。

<塗膜の密着力が弱まるから>

雨の日は湿気が多く外壁が湿ってしまいます。水分を多く含んでしまった外壁への塗布は密着力が弱まり、仕上がりに影響が出てしまいます。密着力がない、すぐ剥がれてしまう塗膜は住宅の耐久性にも関係してきます。

上記の理由から雨の日に塗装工事は中断されます。今回は雨の日に塗装工事が中断される理由についてご紹介しました。