ペイントホームズ
大阪南店

周りへの被害を抑える飛散防止ネットの効果

足場に設置されたメッシュシートは建築現場や塗装工事などでよく見かけるアイテムです。このシートは「飛散防止ネット」と呼ばれ、建物の工事に重要な役割を果たします。以下では、飛散防止ネットの役割について詳しく説明します。

【飛散防止ネットの役割】

  • 高圧洗浄や塗装作業による飛散物の防止

高圧洗浄や塗装作業中に水しぶき・汚れ・塗料が周囲に飛ばないよう飛散防止ネットで防ぎます。飛散防止ネットがあることで、周囲の建物や車両などへの飛散を防ぎ、近隣トラブルにならないよう必要不可欠なものです。

⑵汚れの付着防止

屋外での作業は風によって砂や塵が舞い上がり、塗装したばかりの外壁に汚れが付着する可能性があります。飛散防止ネットにはこれらの汚れの付着を防ぎ、仕上がりを綺麗にする効果もあります。

⑶転落や物の落下防止

高所での作業では、職人の転落や工具などの物品の落下が発生する危険があります。飛散防止ネットはこれらの事故を防止し、安全な作業環境を作るのに大切なものです。

飛散防止ネットは多くの面で安全性を確保し、建築工事現場でのトラブルや危険から保護してくれる重要なアイテムです。今回は飛散防止ネットについてお話ししました。