ペイントホームズ
大阪南店

外壁塗装の下塗り塗料「プライマー」とは?

プライマーとは、外壁塗装の初めに施される下塗り塗料であり、中塗りや上塗り塗料との密着力を高める役割があります。今回はプライマーの主な役割を以下に簡潔に説明します。

〖プライマーの役割〗

密着力向上:プライマーを施すことで、中塗りや上塗りの塗膜が外壁にしっかりと密着します。これにより、塗膜の剥がれや劣化が抑制され、外壁の耐久性が向上します。

錆防止錆止め用プライマーは金属製の外壁などで見られる錆の発生を防ぐ効果があります。プライマーが金属表面を保護し、錆の形成を防止します。

防水効果:水を吸収しやすい外壁材に対して、水の浸透を防ぐ役割があります。特に木製外壁などの防水性を高め、腐食や劣化を防止します。

表面の凹凸調整:外壁表面の凹凸を均一に整え、塗料の均一な密着を促します。これにより、外壁の美観を維持し、塗装の仕上がりを向上させます。

プライマーは外壁塗装において欠かせない工程であり、適切に施すことで塗装の耐久性や美観を向上させる重要な役割を果たします。今回はプライマーについて簡潔にご説明しました。