ペイントホームズ
大阪南店

塗装をするなら10年ごとが良いと言われるのはなぜ?その理由を解説します。

皆さんは住宅の塗装メンテナンスを何年ごとに行っていますか? 外壁塗装の頻度は塗料の耐久性や劣化の原因により異なりますが、外壁塗装は10年ごとに行う必要があると言われています。しかし、塗料の種類によっては10年以上の耐久性があるものが存在するにもかかわらず、なぜ10年という周期が推奨されるのか、疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。今回は、外壁塗装が10年ごとに行われる理由について説明します。

①新築時に使用される塗料の耐久年数が10年前後のものが多いから

新築時に一般的に使用される塗料の多くは、約10年程度で劣化現象が起こる傾向があります。そのため、定期的なメンテナンスが重要です。

②メーカーからの保証期間が約10年であるため

多くのハウスメーカーは、新築時に約10年ごとの点検や10年保証を提供しています。特に外壁の塗り替えは通常10年ごととされており、これにより、外壁の塗料の劣化や損傷を早期に発見し、適切な手入れを行うことができます。

今回は外壁塗装が10年ごとに行われる理由についてお話しました。次回は、10年おきに工事を行うメリットについてご紹介します。