ペイントホームズ
大阪南店

似ているけど違う?!カビとコケの違い

前回はカビが生える原因についてお話ししました。今回はカビとコケの違いについてです。カビとコケはともに生物の一種でありますが、それぞれ異なる特徴や発生条件を持っています。以下に、カビとコケの違い、それぞれの特性、発生しやすい条件について解説します。

コケとは?

前回カビは真菌に分類するとお伝えしていました。一方コケは、地衣類や藻類などといった植物の一種です。湿潤な環境を好み、通常は屋外の地面や岩などに生息します。コケは緑色をしており、湿度が高く、日陰で成長しやすいです。建物の外壁や舗装された路地など、湿気が多い場所で見られることがあります。

●カビとコケの違い

主な違いは、カビが真菌に分類されるのに対し、コケは植物であることです。カビは湿度が高い場所で発生し、壁や天井などに広がります。一方、コケは湿潤な環境で成長し、屋外の地面や岩などに見られます。

●発生しやすい条件:

カビの発生条件:

高湿度とあたたかい気温が好条件。

有機物が豊富な場所で繁殖しやすい。

換気が不十分な場所や水漏れがあると発生しやすい。

コケの発生条件:

湿潤な環境が好条件で、雨水や霧などで湿らせることが主な発生要因。

屋外の地面や岩などで見られ、特に日陰が好ましい。

高い湿度と適度な光量がコケの成長を促進する。

カビは湿度が高い屋内で、コケは湿潤な屋外で発生しやすい傾向があります。適切な予防策や清掃が大切です。今回はカビとコケの違いについてお話ししました。