今回は、無機塗料についてご説明します。

無機塗料を簡単にお伝えすると

一般的にはアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などの有機塗料が主流ですが、無機塗料は、陶器や石などの無機物のように耐久性が高い特徴があります。ただし、純粋な無機物は硬いため、塗料としては使えません。通常「無機塗料」と呼ばれている塗料は、有機物と無機物を混ぜたもので、完全に無機物だけからなる塗料は存在しません。

無機塗料のメリット

【耐候性が高い】

 紫外線や他の外部の影響に対して、劣化や変形・変色が少ない特性がある。

【汚れにくい】

 親水性に優れ、雨水で汚れを流してくれる。静電気が発生しにくい特徴から汚れが付着しにくい。

【燃えにくい】

 鉱物などの無機物を含んでいるので、燃えにくい特性がある

無機塗料のデメリット

【ひび割れしやすい】

 無機物を含むため塗膜が硬く、ひび割れしやすい。

【艶消しができない】

 艶の調整は可能ですが、完全に消すことは出来ない。その調整により本来の性能耐候性に影響が出てしまう可能性がある。

【塗れない素材がある】

 塗料の種類が少なく、木部や屋根に塗ることができない

こんな方におすすめ

無機塗料の最大の特徴は、耐用年数が長いことです。外壁塗装工事のスパンを長くしたい方、立地上外壁が汚れやい、日当たりが悪く苔が生えやすいという場合には無機塗料をお勧めします。