皆さんに本日は屋根塗装についてお話していこうと思います。

塗装の際の参考になれば幸いです。

工程1.下塗り

屋根塗装の最初の工程は下塗り塗装です。この際、下地の材質に応じて複数の下塗り塗料から選択します。 今回は遮熱塗料専用の下塗り材、日本ペイントさんの「サーモアイシーラー」を使用しました。 こちらの下塗り材は遮熱効果があり、太陽光を反射し、熱の吸収を軽減してくれる優れものです。

工程2.中塗り

こちらは中塗りの工程です。今回は日本ペイントさんの遮熱フッ素樹脂塗料【サーモアイ4F】を使用します。

一度塗りでは耐候性が不十分であり、外部からの熱を効果的に抑制するために、遮熱効果のある塗料を三回塗り重ねることで、製品の本来の性能を最大限に引き出します。中塗りと上塗りは同じ塗料を使用するのが一般的です。

工程3.上塗り

最後の工程上塗りです。上塗りによって強固な塗膜が形成され、屋根材がしっかりと保護されます。塗装後の仕上がりはとても美しく、日差しに反射して眩しい光沢が生まれます。屋根塗装は建物を保護する上で極めて重要な工程です。なかなか目視しにくい部分にはなりますが、外壁よりも環境の影響を直で受けているため定期的なメンテナンスをお勧めします。

外壁も屋根も同じように劣化しますし、環境により劣化具合は変わりますのでぜひ一度ペイントホームズの劣化診断をご依頼されてはいかがでしょうか。無料で診断いたしておりますのでぜひ一度お問合せ下さい。