住宅の塗装工事では塗料は欠かせない材料です。どの塗料を使用するかで、色や艶、機能、耐久性や工事金額も変わります。

今回はお客様が一番気になる部分、塗料の耐久性や工事金額に影響する塗料の成分の1つ【樹脂】についてお伝えします。

樹脂は、塗料の主要成分で、塗膜の形成に必要な要素です。表面の保護や美観の向上に重要な役割を果たします。樹脂の特性が、塗膜の耐候性、柔軟性、耐水性などの性能に影響を与えます。ほとんどの塗料は、石油を原料とした合成樹脂が使用されており、一般的なアクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料などが、それぞれ使用される樹脂の種類を示しています。

アクリル樹脂:一番のメリットは、扱いやすく、かつ安価であり、透湿性が非常に高いことですが、耐久性は低いです。

ウレタン樹脂:場所を選ばず使用可能で、樹脂の中でも密着度が高く柔軟性も高い特徴を持っています。

       ツヤ消しタイプとツヤありタイプが選択でき、それぞれ異なる仕上がりを実現します。

シリコン樹脂:高い機能性と耐久性を備えており、手ごろな価格が特徴です。

       さらに気候の変化に適応し、汚れを効果的にはね返す特性も持っています。種類も豊富です。

フッ素樹脂:非常に耐候性に優れ、汚れにくい特性を持つ一方、価格が高く、艶有り仕上げしか選択肢がありません。

樹脂の耐久性は「アクリル樹脂→ウレタン樹脂→シリコン樹脂→フッ素樹脂」の順で長くなります。

また、一般的には耐久性が長くなる程、塗料の金額も高くなります。