外壁が劣化を起こすと、チョーキングやひび割れ、塗膜の剥離が起こる事をほとんどの方がご存じかと思います。これらの劣化が起こると塗膜が紫外線や雨から外壁材を守れなくなってしまう原因となります。今回は外壁の劣化を放置すると起こるトラブルをご紹介します。

<防水性能の低下>

チョーキング現象やひび割れなどは、塗膜の防水性能が低下しているサインです。雨水を吸収したり外壁や屋根のヒビから水分が侵入してしまう恐れがあり、雨漏れを起こす原因となってしまいます。

<美観が損なわれる>

外壁の劣化は目に見える形で起こりカビやコケ、塗膜の浮きや剥がれなど美観に悪影響を及ぼします。美観が損なわれることで、外観の印象や資産価値も低下してしまいます。

<家の寿命が短くなる>

劣化を放置すると、外壁を保護する性能が無くなり紫外線や雨風で劣化が進行してしまいます。家の寿命が短くなり耐久性が失われる恐れがあります。

今回は劣化を放置すると起こるトラブルについてお話ししました。外壁の塗膜は日々劣化し続けています。上記のようなことが起こらないために塗装工事をしっかりと行いましょう。