外壁が劣化した際に、表面に触れるとチョークのような白い粉が手に付く症状があります。これはチョーキング現象と呼ばれるもので、外壁が劣化しているサインの一つです。今回は、チョーキング現象について詳しく説明します。

【粉の正体】

チョーキング現象が起こると、外壁から白い粉が出てきます。この粉の正体は、塗料に含まれている顔料です。塗装した際には、顔料の周りに樹脂が覆うように形成され、紫外線から守り雨水を通さない防水効果を持っています。しかし、時間が経つと紫外線によって樹脂が分解され、顔料が残り、粉状になります。

【チョーキングが引き起こすトラブル】

・症状の悪化⇨ チョーキング現象によって、外壁の防水効果が失われ紫外線や雨水によって外壁材が直接ダメージを受け劣化しやすくなります。

・カビ、苔の繁殖⇨ 外壁が水を吸いやすくなるため、湿気を好むカビや苔が繁殖しやすくなります。

・美観の低下⇨ チョーキングが発生すると外壁の表面が荒くなり、色も褪せるため美観が損なわれます。

今回はチョーキング現象についてご紹介しました。チョーキング現象が起きてもすぐに大きなトラブルには繋がりませんが、放置すると劣化が進みます。気づいたら早めに塗装工事を検討し、外壁を保護しましょう。