皆さま、こんばんは!

ペイントホームズ大阪南店、ブログ担当の伊藤です(*^-^*)

今日は外に出ると暖かく、過ごしやすい陽気でしたね♪

ただ午後から急に本降りの雨に打たれて水浸しになった伊藤です(苦笑)

最近は急に天候が変わるので読みずらいですね

今回は先日ご紹介した現場の外壁塗装についてです(^-^)

今回はまとめて三工程分ご紹介しますので是非ご覧ください。

◆外壁下塗り◆

今回はルッソペイム専用下塗り材である「ペルフェットサーフ」を使用しました。

この下塗り材は塗料のキメが細かく、下地の劣化による吸い込みも抑えてくれる為、モルタル・サイディングどちらの下地にも使用できます(*^^)v

◆外壁中塗り◆

中塗りではルッソペイム専用中塗り材を使用しました。

上塗り材のルッソペイムFは水性タイプのフッ素塗料の為、密着性や塗料相性の兼ね合いで専用の中塗り材を使用します。

ちなみに溶剤タイプのフッ素塗料の場合は中~上塗り共同じ塗料で二回塗りになります。

◆外壁上塗り◆

上塗りでは先ほど上で書いた「ルッソペイムF」を使用しました。

ルッソペイムは従来のシリコンやラジカル塗料を更に上回る高耐久フッ素樹脂塗料です。

溶剤塗料と比べて多少ダボっとした仕上がりになりやすい水性塗料と比べてもルッソペイムはキメ細かで綺麗な仕上がりです(*^-^*)

非常に対候性に優れた塗料ですが、塗料見積の金額ではそれほど大きく変わりません。

寧ろロングスパンでのライフサイクルで見ると逆にお得になる場合もありますので、見積依頼の際は是非ご検討ください。

それでは今回はこれで失礼いたします。

また次回もご覧いただけると幸いです。

ペイントホームズ大阪南店

担当:伊藤