前回は、耐久性の高い2液型塗料についてメリットをお伝えしていました。今回は、そんな2液型塗料のデメリットをお伝えします。

【2液型塗料のデメリット】

・硬化剤を入れる手間がかかる➡2液型は1液型と違い、塗料、溶剤(水やシンナー)+硬化剤が必要で混ぜる手間がかかります。塗装工事ではこれらの作業で時間がかかってしまう可能性があります。

・硬化剤を混ぜたら使い切ってしまわないといけない➡硬化剤を含んだ2液型塗料は保管ができないためその場で使い切る必要があります。2液型塗料を使用する際は硬化剤を混ぜる塗料の量に注意が必要です。

・価格が高い➡1液型と比べ2液型は価格が高くなります。密着力があり頑丈なことから高額な塗料になってしまいます。

今回は2液型塗料のデメリットについてお話ししました。1液型塗料、2液型塗料でメリット・デメリットを分けてお伝えしてきましたが、利点や注意点を理解していただけましたでしょうか?どちらの塗料も外壁に合うものなので是非参考にして頂けたら幸いです。