皆さま、こんばんは!

ペイントホームズ大阪南店、ブログ担当の伊藤です(*^-^*)

昨日からくしゃみと鼻水が止まらず、二年連続で花粉症を発症してしまいました…

最近はマスクをしていても目がやられるので、花粉症持ちには非常に辛い季節です(´;ω;`)

一度発症すると長引くので、皆さまもくれぐれもご注意ください。

今回は施工現場のベランダ防水工事のご紹介をいたします

ベランダが綺麗になるとお洗濯も捗りますね(笑)

◆ウレタン塗膜防水工事◆

先に床場の掃き掃除を済ませてから、下塗りに当たるプライマーを塗装します。

劣化した素地だと塗料の密着性が悪いため、下塗りを入れることで塗料の食いつきを良くします。

次に伸縮目地と立上りのクラック処理を行います。

目地や入隅、立上りは建物の振動や経年劣化によりクラックが入りやすい箇所です。

そのまま塗装してしまうとクラックが再発したり、仕上がりの見栄えが悪くなります。

シーリング補修まで完了すれば、いよいよ防水工事の肝であるウレタン防水材を塗布していきます。

この工程が一番重要なため、厚みを付けて丁寧に二回塗りします。

材料を削ったり、塗り工程を省いてしまうと防水機能が著しく低下するため注意が必要です。

ウレタン防水材が乾燥したら、仕上げとなるトップコート材を塗布します。

今回はお客様からのご要望でトップコート材に骨材を混ぜたノンスリップ仕様にしています。

ノンスリップにすることで雨で濡れても滑りにくくなり、転倒事故の防止になります(*^-^*)

その代わりに埃や髪の毛などゴミが流れにくくなるため、安全性と利便性のどちらを取るかで仕上がりが異なります。

施工後は汚れやクラックも消えて、見違えるほど綺麗に仕上がりました♪

奥様にも大変お喜びいただき、わたしも大満足の工事でした(*^▽^*)

それでは今回はこれで失礼いたします。

ペイントホームズ大阪南店

担当:伊藤