皆さま、こんばんは!

ペイントホームズ大阪南店、ブログ担当の伊藤です(*^-^*)

今日は寒さもマシで過ごしやすい一日ですね。

場所によっては雨が降るらしいので、お出かけの際はお気をつけください(^-^)

今回は外壁タイルのエポキシ樹脂注入工事についてご紹介いたします。

戸建ではあまり馴染みのない内容ですが、マンションなどの中~大型物件では度々行う内容ですのでよければご覧ください(*^▽^*)

◆タイル注入工事◆

まず始めに浮いているタイル周辺の目地に電動工具で穴を開けます。

その後、穴周辺の切粉などを圧搾空気で取り除きます。

掃除完了後、ドリルで開けた穴にエポキシ樹脂を注入します。

この樹脂が固まることで浮いているタイルが下地と固定されます。

その後、ステンレスのアンカーピンを挿入して穴を塞ぎます。

先に注入したエポキシ樹脂はステンピンが抜けないように固定するためでもあります。

注入した樹脂が硬化したらステンピンを挿入した穴をさらに樹脂で埋めます。

穴を埋める際に周りのタイルが汚れますので、道具を使って綺麗に掃除をします。

最後に打診棒などで補修箇所の確認をして問題が無ければ完了です(*^^)v

見やすいよう多少内容を端折りましたが如何だったでしょうか?

モルタル・サイディング・タイルなど外壁の種類によって補修方法が大きく異なります。

特にマンションのタイルなどは万が一欠落すると歩行者に当たって大事故につながる場合もあります。

建物の耐久性だけでなく、そこに住まわれる方々の安全のためにも大切な工事です。

改修工事の際は、業者選びにはくれぐれもお気をつけくださいm(__)m

それでは今回はこの辺りで失礼いたします。

ペイントホームズ大阪南店

担当:伊藤