外壁や屋根の塗装には、様々な塗料が存在し、その中でも「溶剤系塗料」は特有の特徴を持っています。この塗料は、有機溶剤(例: シンナー)に樹脂や添加剤を溶かしたもので、優れた耐久性や耐候性があります。

溶剤系塗料のメリット: 

短い乾燥時間: 溶剤系塗料は乾燥が短く、施工後の作業効率が向上します。

環境に影響されにくい: 乾燥が環境の湿度や気温に左右されにくく、広範な条件下で使用可能です。

塗装物を選ばない: 金属など異なる素材にも適用でき、汎用性が高いです。

溶剤系塗料のデメリット: 

環境汚染のリスク: 有機溶剤に含まれる揮発性有機化合物(VOC)が大気中に放出され、環境への悪影響が懸念されます。

健康被害の可能性: VOCは健康への悪影響がある可能性があり、換気が不十分な場合は注意が必要です。

引火性と強い臭い: 溶剤系塗料は引火性があり、施工時に強い臭いが発生するため、換気が欠かせません。

使い分けのポイント: 

耐久性重視: メンテナンス期間を延長したい場合は溶剤系塗料がおススメ。

場所で使い分け: メンテナンス時期を合わせるため、外壁には水性系塗料を、屋根には2液の弱溶剤系塗料を選ぶ。

これらのポイントを踏まえ、目的や用途に合わせて慎重に塗料を選ぶことが、美しい仕上がりと持続可能な耐久性を実現する鍵となります。